目の検査

レーシック手術とは

レーシックでは、角膜の形をレーザーで矯正し、光の屈折率を調整する手術です。

つまり、角膜そのものにメガネの役割を持たせるということです。これにより、メガネやコンタクトレンズの装着なしに、常日頃から近視を矯正することができます。

3種類のレーシック

レーザーを当てて角膜の形を強制する手術には3種類あります。

  • LASIK(レーシック)
  • EPI-LASIK(エピレーシック)
  • PRK(ピーアールケー)

EPI-LASIKはフラップ(蓋のようなもの)をLASIKよりも薄く作ることで、通常のLASIKでは矯正が困難なほど強い近視の方、角膜の薄い方の矯正も可能にしたものです。

フラップを薄くするため、術後はめの保護のためにコンタクトレンズを着用する必要があります。

PRKはLASIKよりも以前から行われていた手術で、角膜フラップを作成せず、角膜表面へ直接レーザーを照射することによって屈折率を矯正します。

術後の痛みや角膜混濁の発生頻度が多いですが、格闘技を行う方、角膜の薄い方への適応は高いです。

当院では手術前に適応検査・個別説明を行わせていただいております。その際に患者様に合った手術方法をご提案させていただきます。

MEMO
レーシックは屈折率を調整するという特性上、眼の状態を把握するためのスキャンが非常に重要です。

最近では高性能のスキャナーを使用し、角膜の形状・屈折率の正確な把握を行うことができます。レーザーには高い安全性と信頼性を持つエキシマレーザーを使用しています。

術後リスクとその対応

看護師

レーシックでは術後、ドライアイ視機能の低下(強い光が散乱して見えづらくなったり、発光体や細かい字などの輪郭がとらえづらくなる等)が起こることがあります。

どちらも術後の経過とともに改善することがほとんどですが、稀に乾燥感等の症状が持続することがあります。

症状に応じて点眼又はそれに対する治療を行っています。

注意
また、低頻度ではありますがその他の合併症として、感染症・角膜混濁・瘢痕・角膜上皮の迷入・びまん性層間角膜炎・細菌感染性角膜炎症・網膜剥離が起こる可能性があります。いずれも適切な治療を行えば回避、克服できます。

ICLはメリットが多い施術

ICLは眼内コンタクトレンズともいわれ、目の中にコンタクトを入れて視力回復する方法です。

レーシックの場合は角膜を削るため、角膜を削る量が増えると増えた分、近視に戻ってしまうリスクが増える問題があります。

ICLの場合は、レンズを装着する手術のみで角膜を削ることは無いため、近視へと戻る確率が長期的に見てレーシックよりも低いです。

MEMO
角膜は表面を削るとレンズを削るような状態なので見え方が変わります。

望遠鏡などのレンズでもレンズの表面が変形すると見え方が変わりますが、レーシックの場合も角膜表面を削るため見え方が変わってしまうデメリットがあります。

ICLなら角膜を削らずに角膜を覆うことができ、歪みを抑えることができるためクリアに視界が見えます。

また、レンズを交換したり取り出すことができるため、何かあった場合に再度、目の矯正を行えることもICLのメリットです。

事前の適応検査

検査マシン

レーシック手術の前後で、患者自身の協力が必要です。

まず、検査に2~3時間ほどかかり、適応検査と術前検査が必要になります。手術時間は片目10分ほどですが、術後目を閉じて休息させる時間をとります。

術前検査前には角膜の形状を戻すため、2~3週間コンタクトレンズの着用は中止します。

また、術後の運転、飲酒、運動、お化粧等には制限が入ります。

術後の経過確認を翌日、1週間後、1か月後、3っか月後、その他医師の指示で行います。感染症などの予防のためにも、手術の前後では時間を作り、医師の指示を守ることは重要です。

レーシックは手術であるため、メガネ・コンタクトレンズの装着に比べてに患者への負担・リスクは大きくなります。

レーシック手術で失明するリスクはある?

レーシック手術で失明する危険性があるかどうかは、当然気になることですね。

レーシック手術は、外科手術の一種ですし、人間が行っているので(コンピュータの自動制御で行わられる行程もありますが)完全に危険性がないと言い切ってしまうことはできないでしょう。

世界中で失明した事例は?

それでは、今まで世界中でレーシック手術で失明したという事例が何件あるかご存知でしょうか?

答えは0件です。つまり、2チャンネルなどでいろんな噂がありますが、全世界でもレーシック手術で失明した症例はないということです。失明者はゼロです。

また、手術に使用される機器などは日々進化していますので、レーシック手術で失明する危険性は限りなくゼロに近く、さらにその危険性はどんどん低下していると言えるでしょう。

感染症のリスクについて

またレーシック手術で失明した事例はないと説明しましたが、過去に感染症を発症してしまったことがありました。

ですが感染症についても心配する必要はありません。その事例というのは例外中の例外であり、悪質なクリニックで起きてしまったことだからです。

ちなみにその悪質なクリニックでは、639人の患者のうち67人もの患者が手術後に感染症にかかっていました。

通常、レーシック手術の感染症の発症リスクは5000人に1人とされていますので、このクリニックがいかに異常な状態であったか分かると思います。

MEMO
そのクリニックではずさんな管理体制のもと、手術器具を十分な滅菌もせずに使っていました。今では各クリニックがその衛生管理をアピールしています。品川近視クリニックなど大手のクリニックを選べば、そのような危険はないでしょう。

失敗を避けるには?

レーシックの失敗による術後の不具合は、技術の進歩によってほぼ解決したと言っても過言ではありません。

ですが、やはり手術ですから、行う眼科の不備によって何らかの失敗に巻き込まれる可能性がないとは言い切れません。

以前ずさんな衛生管理による感染症の多発を引き起こした眼科がニュースで取りざたされていましたが、そうした信頼できない眼科が一掃されたと思い込むのは危険と言えるのではないでしょうか。

レーシック自体は確立された技術を元に行われていますから、信頼できる眼科を選ぶことができれば、失敗の心配はなくなります。ですので、最も大切なポイントはレーシックについて必要な知識を学び、しっかりとした眼科を選ぶことになります。

注意
※レーシックやICLでは品川近視クリニックを選んでおくのが1番無難です。以前は神戸神奈川アイクリニックや錦糸眼科もありましたが、今では両方とも閉院しています。

これさえ守れば、レーシックの失敗を不安に感じる要素はなくなるんです。このポイントは是非覚えておいてください。

レーシックで仕事・職業でデメリットになることは?

レーシックによる視力の回復と職業については、一般的な職業の場合は特に問題はありません。

視力が条件として関わってくる職業といえば運転などですが、レーシックによって回復した視力でも運転免許証における裸眼視力の条件は満たしますので、特に問題になりません。

レーシックを受けることで、将来なれなくなる職業の代表はパイロットです。

日本の場合は法律で定められた条件によって、視力回復手術で得た視力はパイロットの適正の条件を満たさないとされており、メガネやコンタクトレンズによる視力の矯正は認められていてもレーシック手術によって向上した視力はだめだということになっています。

アメリカなどではレーシックを受けてもパイロットになることが出来ますので、レーシック自体に問題があるということではありません。日本では法律の整備が間に合っていないということになりますね。

ハロ・グレアには注意

また、レーシックを受けることによってなれないということではなく、仕事に就くにあたって気をつけなければならない場合もあります。

レーシックを受けると、夜間の明るい光が非常に眩しく感じたり、光がぼやけて視野に違和感を感じる「ハロ・グレア現象」という作用が起きることがあるからです。

夜間の視野が安全に大きく関わるような仕事には向かないということで、将来そうした仕事を考えている方はレーシックを受けるにあたって慎重に検討しなければならないとも言えるでしょう。