キャッシング審査に通らない人の共通点【最初にチェック】

キャッシング審査の重要項目

キャッシングする際には、必ずキャッシング会社からの審査があります。審査内容は公表されていませんが、大きく以下の項目で確認されます。

①属性検査
②信用情報調査
③在籍確認
④書類確認

そのなかでも①の属性調査は非常に重要視される項目です。属性調査は、年収、年齢、保険の種類、勤務先、家族構成、他社からの借り入れ状況等が含まれます。返済能力を確かめるために審査を行う訳なので、年収規模の把握はカード会社にとって一番重要だからです。

②の信用情報調査は、過去にクレジットカードの支払いやキャッシングでの支払いで問題が無かったかを確認します。一般にブラックリストというのは5年から10年で各金融機関のリストから抹消されますが、借りる際のハードルは一気に高くなります。

③の在籍確認については、消費者金融の会社であれば窓口で交渉すれば、指定書類を提出書類として提出することで問題がない場合もありますが、銀行系の会社については、ほぼ在籍確認の電話が勤務先にかかってくる形にはなります。

④は給与明細書や運転免許証などがあたります。

これらの情報を統一して考えての各社の審査基準になるわけですが、審査に通らない人というのは、上記に挙げた4項目で問題があると貸付側に認識された人になります。

ポイントは信用力があるかどうか

キャッシング審査に通りにくいという方には共通点があり、信用が低い人という一言に集約されると言ってもいいです。

金融業者はキャッシング希望者に合否を出す上で、返済能力の確認を行っており、この返済能力は年齢や職種、過去の借金歴等の要素を合わせてチェックしており、信用情報が低ければ融資を行わない事になっています。

一般的に成人以上で安定した仕事で在籍年数が長く、過去の借金歴で延滞や遅延が無く、現在も借金が多く無いという方は信用されます。

逆に不安定な職種や短い在籍年数、過去の借金で延滞や遅延を行い、現在も借金があるという方は審査で見送られる可能性が高いです。

簡単に言うと

要するに業者から見て、貸し倒れリスクが高い客は審査に通りにくいという事であり、この貸し倒れリスクは見た目や言動と言った主観で判断する要素が問題ではなく、誰が見ても判断出来る年齢や職業、借金歴等の属性チェックによって判定される事になります。

普段から借金もせずに、光熱費や通信料等でも延滞や滞納せずにルールに従って生活していて、収入の流れを持っているならばキャッシング出来る可能性が高いです。

しかしそうしたルールを破った実績のある方は、貸し倒れリスクが高いと判断されるのは妥当です。