レイクの無利息サービスの罠!※少し注意すればお得に借入できる

二種類の無利息期間があります

新生銀行カードローンのレイクでは、新規の契約者に対して二種類の無利息サービスを提供しています。

①30日間の無利息サービス
これは限度額と問わずに選択することができます。プロミスやアコムでも行っている定番の無利息サービスです。

②180日間の無利息サービス
これはレイク独自の無利息サービスで、限度額は200万円以下の場合のみ選択することが可能です。

例えば限度額が100万円だった場合、どちらか好きな方を選択できます。ですが、250万円の限度額となると、30日間の方しか選択できません。

レイク30日間の無利息期間の特徴【注意点あり】

30日間の方を選択すると、レイクと契約を行った日から30日間が無利息になります。この期間中は借り入れ金額に関わらず、一切利息は発生しません。

借り入れを行った日ではなく、レイクと契約を行った日から30日間なので注意してください!

また返済日の設定によっては、この期間中に初回の返済日を迎えるケースがあるので注意してください。その日に返済を行わないと、その時点で無利息期間は終了してしまいます。

180日間の無利息期間の特徴【注意点あり】

180日間の方を選択した場合、契約日から180日間このサービスが利用できますが、無利息になるのは5万円までです。それを超える借り入れを行うと、5万円を超えた分に対して利息が掛かってしまいます。

例:8万円を借りたとすると、超過した3万円分は利息がかかる

またこちらも契約日から180日間が無利息期間です。

5万円以内の利用に留めていれば180日間ずっと無利息で利用することができますが、30日間の方と同様に、返済日には注意が必要になります。180日間にもなると、初回だけでなく何度も無利息期間中に返済日を迎えることになります。一度でも返済日を守らないと、その時点で無利息期間は終了してしまいます。

返済日を守らないと…

無利息期間中に迎えた返済日を守らなかった場合のペナルティは、無利息期間が終了するだけではありません。返済日から実際に返済を行う日までの期間に対して遅延損害金が発生してしまいます。この遅延損害金は年利にして20%で計算され、日割りで加算されます。

また、信用情報にも返済の遅延という情報が記録されてしまい、今度のレイク、及び他のキャッシングやローン契約などに影響を与えてしまう可能性まであります。無利息期間中でも返済日はきちんと覚えておきましょう。

一番お得に利用するには?

レイクを一番お得に利用するには、借入金額によります。少額の借り入れなら180日間の無利息期間を選択するに限ります。こちらを選択できるのは限度額が200万円以下の場合に限られますが、これを超える高額での契約になることはめったにないと思いますので、200万円以下の180日間無利息で問題ないでしょう。

この180日間の方を選択した後に5万円までの借り入れに留めておけば、約半年の間ずっと無利息のままレイクを利用することができます。返済した分はまた借りても構いません。

30万円以上借入するなら30日間無利息の方が、30日の期間内の利息はお得になります。

まとめ

レイクと契約を行う際には、個人的には180日間の無利息期間の方がメリットがあるのかなと思います。30日間無利息サービスなら他の消費者金融でも行っていますし、たとえ5万円という少額だけ無利息だとしても、180日間(約半年)の無利息サービスはお得だからです。

少額借入のみ行う場合は残高が5万円を超えないよう注意さえすれば他よりもお得です。もし超えてしまった場合でも、その分をすぐに返済してしまえば超えていた日数分だけの利息しか掛かることはありません。

もし5万円以上を無利息で借りたい場合は、プロミスやアコムの無利息サービスを併用するのもありでしょう。もし併用したい場合でも、レイクで5万円しか借り入れしていないのなら、問題なく借り入れできると思います。